記事をシェアする

こんにちは。
世間では今日からG.W.のようですが、いかがお過ごしでしょうか?

私といえば初日は雨のあまりの勢いに負けてしまい、ついつい引きこもって過ごしておりました。

子ども達もお休みということで、なんだかんだ忙しくなるかなぁと思っていたところ、義父母が遊びに来ることに。
慌てて洗濯物の山を片付け、家中 掃除機をかけて回ったのはここだけの話でお願いします。

さて、じーじばーばが遊びに来てくれたということで、子ども達を託し、自分だけの時間をもらえることになりました。
この機会にゆっくり休もうと思ったものの、なかなか眠れず。仕方がないのでいそいそとSNS運用企画書を作成しておりました(ワーカホリック気味…!)。

SNSを導入されている企業さんはたくさんあるかと思いますが、果たしてその中でどれくらいの企業が運用企画書を作っているのでしょう?

もちろん、運用企画書がなくたってSNSはできます。
アカウントを作るのだって、投稿するのだって、無料でできてしまいますし。

だけど、企画書がなかったら?・・・

■お問い合わせにつなげたいのに、フォロワー集めばかりしてしまうかもしれない
■炎上が怖くて、Webサイトのお知らせを発信するだけのアカウントになってしまうかもしれない
■ユーザーとのコミュニケーションをどうやってとるか毎回悩み続けるかもしれない
■いざトラブルに発展したときに、誤った対応をしてしまうかもしれない
■闇雲に運用しているけど、一向に成果が出ないかもしれない

運用企画書を作らずしてSNS運用をしているということは、実はこういったリスクをはらんでいるのです🧐

私が受講した上級SNSマネージャー講座では、まさにこの運用企画書を作るというカリキュラムが組まれています。

そして新しく運用を任せていただいたSNS(Instagram)では、この運用企画書をもとに投稿を作っています。

まっさらなアカウントをお任せいただいたという緊張感。初回投稿が間も無く迫っています…ドキドキ。
いつかこちらでもお披露目できたらいいなということで、クライアントに投稿案を見てもらってきます!
(後日談…企画書にOKをいただき、運用を始めました!)

自社運用に限界を感じたら、是非プロにご相談ください(←結局宣伝w)一緒にSNSを楽しみましょうー#SNS運用#SNS運用代行#SNS集客#Instagram運用#インスタ運用#インスタ集客


記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA