母になって改めて感じるWeb制作者として働く魅力
記事をシェアする

こんにちは。神戸のWeb制作事務所、エムピクセルラボ代表の毛利です。

唐突ですが、この度晴れて2児の母となりました!

つい3年前には不妊治療にあけくれていた私からすると、
にわかには信じられないことですが本当です。
そして改めて、「Webを学び、仕事にしてよかった」と心から思うのです。

そもそも私がWebをやると決心したのが「子供が欲しい」という理由からでした。
・もともとブログなどWebサービスに馴染み深かった(mixiが流行った世代)
・仕事でホームページ担当になった(同様のことを2社で経験)
・妊娠しやすい体づくりが必要(会社員時代は朝から晩まで激務)
・不妊治療をするならスケジュールに都合がつく働き方をしたい

これらを叶えられる働き方をいろいろと模索していたところ、
行き着いたのがWeb制作を自宅でするという選択肢だったのです。

職業訓練のホームページ制作科の門をたたき、学びはじめ、
講師となり技術を深く身につけていく…。

またこれまでの業務経験(営業、秘書、広報など)も
独立する際には大いに役立ちました。

結果、在宅勤務のフリーランスとして独立することができました。
(詳しい話はまた後日…)

独立までは順調にいった(ように感じた)ものの、
案の定、子どもはなかなか授からずにいたため、
改めてスケジュールに都合をつけることができるフリーランスになって
よかったと思うことが何度もありました。
(スケジュール調整は自己責任です!会社員以上に気をつける必要があります)

もしこの記事を読んで、同じように悩んでいる方がいるとしたら…
私は背中を押したいと思っています。

私は働き方を変えることで、なりたい未来に近づくことができた。

少なくとも、そんな風に私は思っています。

もちろん家族や周りの方々の協力があってのこと。
そしてこんな私に依頼してくださるお客様あってのこと。

今日も、そしてこれからも謙虚な気持ちと感謝を忘れず、
前に進んでいきたいと思うのです。


記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA